拷問

SOSUKEをばぁばにあずけて眼科へ行ってきました。
眼前に浮かぶゴミのようなものが気になり始めて2ヶ月(いわゆる飛蚊症)
ちょっと邪魔くさいなーと思い先週眼科を受診し、今日が検査日となったのです。

検査は、瞳孔を広げて眼球に光を当てて行います。
これがまた辛かった><
瞳孔を広げると普段よりかなりまぶしく感じることになります。
それなのに、さらに光を当てるのでまぶしいったらありません!
それも瞬きできないよう瞼を固定されるので、まぶしいのに目をつぶれないのです。
このまぶしさから目を背けられない状況が拷問のようでした。
検査中ずっと"犯人に自供させたいならこの手を使えばいいのに"と思ってました。

結果としては、飛蚊症ではあるけれど、病的なものではないとのこと。
SOSUKEには何度も目玉に頭突きされてきたから、ひょっとしたら眼底出血でも
しているかもしれないと密かに思っていたので一安心。
しかし、遺伝性と思われる白内障の症状が出ていると言われてしまいました。
確かに母も祖母もみんな白内障・・・。
とはいっても全然問題がない範囲で、2~3年に1回くらい白内障の進行状況を
検査すればいいそうです。

よかったよかった。
これからもしっかりと我が子の成長を見れるようです☆
[PR]

by acotoyas | 2006-08-08 22:36 | 日記

<< 知ってる子 知らない子 週末 >>