「うるせー」と言われる

午前中児童館に行くと、なぜか平日なのに小学生がたくさん!
どうやら開校記念日でお休みらしい。
いつもより遊べる場所が少なく、勝手に遊ばせるのも危険なのでガッカリ・・・

じゅうたんが敷かれている図書室に移動すると、小学4年生の男の子5~6が何やら輪になってはしゃいでいました。それを見たSOSUKE、興奮して一目散にその輪の中に入って行ってしまいました><(あれれ~怖くないの~?ま、かわいがってもらえるかな?)とのんきに眺めていると、SOSUKEが興奮のあまりいつもの奇声を発してしまいました。それにビックリした男の子に、SOSUKEったら大きな声で「うるせぇ!!」と怒られてしまったのです(‐‐;)
(小学生がかわいがってくれるなんて、甘い考えでした><)

ママに本を読んでもらっていた1歳過ぎの女の子はビックリして泣いてしまい、大声を出した男の子は児童館の先生に怒られ『赤ちゃんとはどういうものか』と長々説明を受けるハメに。その間も「だってあいつがキャーキャー言ってさぁ~」と反論する男の子。
当のSOSUKEは怒られたことにも気付かず、遊び続けてましたが。
いつまた奇声を発するかわからなかったので、図書室を急いで後にしたのでした。

このときわたしは、(「うるせぇ?」「あいつ?」)と、SOSUKEが他の子に怒られた(?)姿を見てなんだか胸がギューと痛くなっていました。自分が怒られてもこんな風にならないのに、まるでSOSUKEがいじめにあっているような気分というか何というか。別に悪いことをしたのでもなく(赤ちゃんだからしょうがないと言える範囲)、男の子も本気で怒っていたわけでもないんだけど、我が子が罵倒されたのにショックを受けたのでした。

こんなんで、これから厳しい社会に立ち向かうSOSUKEをじっと見守ることができるのでしょうか?!子供の世界に口を出す親にはなりたくないんだけど、大丈夫かわたし?!

しばらくすると、子供の声で館内放送が流れました。
♪「卓球室に赤ちゃん用のお城を作りました。ぜひ来てください!」♪
のぞいてみると、大きなブロック(軽いヤツ)で作られたお城がありました☆
男の子ふたりが一生懸命に赤ちゃんが遊べるようにと作ってくれたというのです。
一人づつ抱っこして中に入れてくれて、なんとも微笑ましい光景でした。

d0006126_22124874.jpg同じ小学生の男の子でも随分と違うんだなぁ~。
大半は最初の子のような対応されるだろうから、これからは注意しないといけないですね。
最悪、事故につながるかもしれないし・・・。

←わたしに代わって将来の不安に嘆くSOSUKE
  「ママーしっかりしてよ!!」
[PR]

by acotoyas | 2005-11-01 22:25 | 日記

<< ひいおばあちゃんに会う 上手にごはんを食べるための練習 >>