育児バトン&出産話

こうママさん から『育児バトン』なるものが回ってきました。ありがとうございます!
今はやりのバトン系、育児モノもあるんですね~。
ということで、マジメに回答してみたいと思います。

Q1・お子さんは何歳?(何ヶ月?)性別は?
   8ヶ月と5日
   おとこのこ

Q2・生まれたときの感想。
   「あれ?いつ生まれたの~?」

   無痛分娩の薬の影響でもうろうとしてたんで生まれたことにも気付かず
   立ち会っていた198に「aco!生まれたよ!!」って言われ、目を開けてみると
   目の前で 2600g の小さな SOSUKE がギャーギャー泣いてた☆

   その後意識が回復したわたしの感想は
   「元気に生まれてくれてアリガトウ!」
   「おわった~痛かった~スッキリ~眠い~」

Q3・うちの子は、ココが一番ってとこは?
   ・アタマ大きい!
   ・食欲旺盛!  ・・・これじゃSOSUKE怒るかな?

   ・笑顔☆     ママパパはもちろん、愛想よく誰にでもニコニコ
   ・我慢強い!  注射でも泣かない、顔にお水がかかっても泣かない!

Q4・将来、どんな子に育ってほしい?
   男の子だし、精神的に強くたくましい子になったらいいかな?
   そう、パパみたいな雑草根性(?)で『生きるチカラ』を持った大人になって欲しい。

   ちょっとは女の子を泣かせるようないい感じの青年もいいかもっ^^
    欲を言えば、セリエAデビュー☆


   ・・・健康ですくすく育ってくれるだけでいいんだけどねっ。

以上です。
バトンということで、次にまわさないといけません。
と言っても、まわせる方が少なかったりします、わたし。

 ■nachigoさん
 ■いづっぴさん
 ■nokoronさん

もし忙しくないようでしたらお願いできますでしょうか?!




すでに8ヶ月が経過してしまいましたが
記憶が風化する前にここにわたしの出産風景を記録しておきます。

■04.11.12 PM9:00
 予定日の1ヶ月前からなぜかチョロチョロと羊水がもれていたわたし。
 12日夜、発熱したため産院に連絡すると感染症の疑いがあるとのことで緊急入院に。
 (楽しみにしていた『Dr.コトー診療所』の3夜連続特別版見れず)

■04.11.13 PM0:00
 まだ予定日まで2週間もあったので、当然陣痛もなく、子宮口も開いていません。
 でも感染症にかかっていて、母子ともに早い出産が必須だったのでイタイと評判の
 "陣痛促進剤"を投与!1時間半後には2~3分おきの激痛が始まり、5時間続きました。
 普通2~3分おきの強い陣痛って最後の方だけだって言うから、促進剤ってキツイんだね。

 最初は助産婦さんが腰をさすってくれていたんだけど、198の到着でバトンタッチ。
 これがまたさすり方がチガウんだなぁ~、助産婦さんってやっぱりスゴイ!
 198がさすると強すぎて痛い痛い・・・頑張ってくれていた証拠だけどネ。

■04.11.13 PM6:00
 破水したため、分娩台へ移動。
 立会いの198はわたしがアゴをあげないようにアタマをガッチリ押さえてました^^;
 一生懸命がんばっていたら SOSUKE の心音が弱まってしまったので
 無痛分娩に切り替えることに。
 無痛にはしたくなかったけど痛すぎて「勝手にしてくれ~」ってされるがまま・・・。
 無痛にしたのに結局ひどく痛かった・・・。(個人差があるらしいですね)
 陣痛と陣痛の間は眠りに落ちていたらしいから、それだけでも効果アリなのかなぁ?
 (次は無痛分娩やりたくない> < )

 そして我が家の宝SOSUKE くん
 2004年11月13日 午後6時30分にこの世に誕生してくれました。

■余談
 陣痛が始まる前、お昼ごはんを食べながら『アッコにおまかせ!』を見ていると
 木村拓哉の誕生日だと騒いでました。
 なので陣痛中ずっと「イイ男にするためになんとか今日中に生まなければ!」
 という思いがアタマの片隅にありました・・・。なんて母なんだー!

[PR]

by acotoyas | 2005-07-17 00:47 | そうくん

<< 大きな公園へ 砂食べOK >>